TOEIC590点が半年間で800点取る気ですけど何か?

題名の通りです。勉強がんばります。応援して頂けると助かります。僕の勉強法が皆様の英語上達の一助にもなれば幸いです。

続・英語で話せるようになりたい。

もう12月なんですね。。。汗

卒論書いてたら、気付いたら前の更新から2週間経ってました。汗

 

で、続きなんですが、韓国から遊びにきていた青年(2歳年上、学年は同じ。2年の兵役があったため。)と話していたんです。学食で。

じゃぁ、私が話しているのを遮って、バカにしたような顔で

「ほんとにホームステイしたの?(にやり)」

ガーーーーーン!!!!!!(°口°;)

 

「え。。。。したけど。。。。。」

 

「僕は、日本語をマンガと映画だけで学んだよ。コンセントレーションしてね!」

 

「。。。。」

 

そのあとは何を話したか覚えていません。

信じられないくらい腹が立ったのと、ショックだったのと、後悔と、いろんな気持ちが押し寄せてきたので、気を落ち着かせるだけで精一杯でした。。

とりあえず、LINEとfacebookを交換して、彼は帰っていきました。

 

 

とまぁ、こんなことがあったのです。

私の英語は韓国人にバカにされるほどのへたくそだったのです。。。

 

それからというもの、私は勉強し出しました。

これで↓

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK)

英語を話すのに、わざわざ日本語で考えて、それを頭の中で英語に直すという作業をしていた私は、伝えたいことを伝えるのに非常に時間がかかっていました。

 

「彼は、明日までに宿題をしなければなりません。」

をすぐに瞬間的に英訳できますか?

こういう文の英訳を無意識レベルにできるまで、反復しています。

各レッスン10文で、中1レベルが23レッスン、中2レベルが34レッスン、中3レベルが22レッスンあります。

結構多いです。。。

 

1周は終わっていて、今は2周目の中2の最後の方なんですが、以前よりはかなりすらすら英語が出てくるようになりました!

でも、まだ反復の足りていない構文に関しては、出てきづらい感覚があります。

もっともっと反復が必要なようです!

 

ちなみに、毎日1レッスン、多い日は2レッスンの音読をしていますが、1レッスンあたり30〜40回は反復しています。

CDは日本文が流れてから英文が流れるのですが、「日本文の途中で英文がすらすら出るようになるまで繰り返すこと」を意識しています。

興味のある方はぜひ試してみてください。

英語で話せるようになりたい。

と、なぜか思うのです。

おそらく過去の経験からそう思うのでしょう。

 

中学生だったころ、私は3年間ほど英会話を習っていました。週一で。

母親が「英語はやっといた方がええから!」と、私を無理やり英会話教室に通わせていました。

皆さんの中には私の母同様に、お子さんを英会話教室に通わせている方々もおられるでしょうが、ちゃんとどんな様子かご存知ですか?(ニヤリ)

 

まぁ、ひどかった。笑

ずっと、日本語で友達と会話してましたからねーー。笑

まったく意味がなかった。笑

新しい友達ができたのはすごいプラスでしたけど。

 

やっぱりこんな感じで親にお金を払ってもらうのは申し訳ないから、私は母に言ったんです。「もう英会話やめるわー」って。

そしたら母は、

「あかん!英語はやっといた方がいい!」。。。。笑

もう少し、子供の話に耳を貸しましょうお母さん。笑

というわけで、そのままだらだらと英会話を楽しんでいたのです。

 

 

中学3年生の春には、修学旅行でアメリカに2週間ホームステイしました。

場所はカリフォルニアのロングビーチという場所。

プールがあって、犬を何匹か買ってるような家々が並んでいる場所です。

ホームステイを受け入れてくれるくらいだから、金持ちでしたね。

そこでの経験はかなり刺激的であり、悔しいものでしたね。

まぁ、英語が話せない自分が情けないっていう。

電子辞書を片手に調べながら、たどたどしく話すというお粗末な状態でしたね。

なんとなく言ってることはわかるけど、自分の言いたいことが伝えられない。

そんな苦い経験をしました。

それでも楽しかったですけどね。

 

で、帰ってからは英語を猛勉強だ!!!。。。。

勉強はしましたが、当時の私の英語の勉強は、文法の勉強。笑

いかにも、日本の英語の勉強でしたね。笑

はい、話せるようにはならず、やる気も次第に消えて行きました。

 

そして、大学受験を経て、大学3回生の夏。

私は、実験の授業を終え、疲れていたので、大学のベンチに座っていました。

なんか、視線を感じるな。

ん?

 

誰かが見てる!

と思ったがつかの間、韓国人の青年が話しかけてきました。

(なんで私に??)

休暇を利用して、日本に遊びにきていたそうな。

彼は日本語はそこまで喋れませんでしたが、アニメや映画を見て独学で勉強していただけの割には話せていました。

英語もそれなりに話せるみたいで、私たちは英語で会話していました。

私は「中学生の時に、ホームステイしていたよ。」とか、まぁ様々なことを喋りました。

京都を観光したいということなので、有名な場所などの説明をしていたんです。

そしたら、彼が話を遮って、こう言ったんです。日本語で。。。

 

続きは次回。

 

もう11月も折り返し間際。。。

時間が経つのが早いですね。

残りの人生もあっという間なんでしょうね。

ぼーっとしてたら、じいさんになってるんだろうなぁ。。。

 

残りの人生でできること、身につけられることって限られてる。

だからこそ、自分が何をしたくて、何をすべきで、何を学ぶべきなのかちゃんと考えないといけない。

英語の学習も「なんで必要なのか?」ってことを、各人が理解していないといけないと思う。

各人違った目的があるので、いろんな理由があるんでしょうが、私は将来の仕事で使うことがある程度想像できるから、今の内に学んでおこう、今の時間のある内に学んでおかないといけないってなって、英語を勉強してます。

将来の仕事についてはここでは秘密。笑

 

の割には勉強の密度が薄い気がしている、、、

 

 

とりあえず、昨日、今日はパート7の本を読みまくりました。

勉強しながらわかったことは、

①速読は単語、言い回しに慣れていないとできない。

 

②文の内容をしっかり理解するには、単語の意味をある程度しっかり言えないといけない。だいたいではダメ。

 

 

①に関してですが、最近私は英語の論文を読んでいて、結構すらすら読めるようになっていました。なので、TOEICも結構いけるようになってるであろうと思っていたのですが、意外に読めませんでした。

論文なら、イメージですが「すらーーー」って読めるのに、

パート7の文では「すー、すー、すー」って感じです。笑

途中で「あれ?これどういう意味やっけ?」ってなるんです。

単語の意味がすらーって湧いてこないんです。

論文は何度も何度も読み込んで、わからない単語は調べまくって読むし、分野が同じだと違う論文でも使う単語が似通うので、一つの論文をしっかり読めるようになると他のも結構速く読めるようになるんですね。意味もすらーって頭に入ってくるし。

なので、TOEICも単語の意味、文の内容がすらーって頭に入るくらい何度も反復読みしていこうと思います。結局、場数

 

②に関してですが、

例えば、「job opening」という言葉があります。

これを私は「開業」って感じっしょ?って思ってたんですが、違いました。

求人」でした。。。

全然違う。。。

これだけの意味の取り違いで、失点しますからね。TOEICは。

文の内容理解も間違えてしまうし、やはり単語力は非常に大切だ。。。

 

てなことを今回の勉強で感じました。

テキストをあと何周かしてみようと思います。

もう一周目は近々始めます。記憶に残っている内に。

その次は、2週間くらい期間を置いて、もう一周しようと思います。

記憶を寝かせます。(「思考の整理学」参照↓)

思考の整理学 (ちくま文庫)

 

ポッキーの日とか言うてる場合やあらへん

くらい忙しかったです。

 

土日はバイトざんまいでした。

月曜は実験の測定とセミナーでした。

 

激しく疲れました。

今日もバイトでした。

 

全然、勉強ができていない!!!汗

 

で・す・が

私はやりますよ!

これを読みます!

TOEICテスト パート7の長文がスラスラ読めるようになる本

TOEICテスト パート7の長文がスラスラ読めるようになる本

 

 この本は院試の前あたりにすでに2周したんですが、それからだいぶ期間が空いてしまったので、もう一度読もうと思います。

 

この本はパート7のシングルパッセージの問題の練習が多く載せられていて、けど多い割には読みやすいし、読み進めるだけでもかなりパート7に慣れるような構成になっています。

 

この本を今日の残りの時間と明日で読み切りたいと思います!

 

意識することは、「速読しながら内容を理解すること」「出てきた単語を覚える」

 

 

TOEICのPart7の問題の選択肢は、「文中で使われている単語をそのまま使っているけど内容は異なる」ものと「文中で使われている単語を言い換えた単語で内容と同じ」もので構成されているので、読解力単語力が必要となってきます。

この二つの力を得られるよう意識しながら読み進めていきたいと思います!

 

 

これまでと現状

これまでについてお話させていただきます。

 

まず、TOEICを受験し始めた理由なんですが、今年(2013年)の8月末に大学院の受験がありまして、その受験にTOEICのスコア表の提出が必要だったのです。

 

私がはじめてTOEICを受験したのは今年の3月でした。

そのときの点数はなんと430点。。。

500点はあるだろうと思って余裕こいてたらこうなりました。。。

私はセンター試験の英語では8割は取れたのでTOEICもまぁいけるっしょって感じのノリで受けたらこれです。。

3年のブランクは非常に大きかった。。。

 

それから意識を変えて、英語の勉強をしました。以下がその内容です。

・「Duo3.0」を例文200個目まで音読を何度も繰り返す。

DUO 3.0

DUO 3.0

 

TOEICの公式問題集vol.5を1回分解く。

 

TOEICテスト新公式問題集〈Vol.5〉

TOEICテスト新公式問題集〈Vol.5〉

 

・ 瞬間英作文を毎日ちょこちょこ音読

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK)

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK)

 

TOEICの文法書でちょこちょこ勉強

 

とまぁ、こんな感じです。

はい、やる気が全然なかったので全然勢いがなかったです。

一日2時間?3時間?くらいしかやってなかった。。。

 

結果、その次の4月のTOEICでは440点。。。

 

+10点だけという。笑

 

非常に笑えなかった。。。

友達はいきなり650点取りよった。。。

友達に「何点だった?」って聞かれて、思わず、「500点くらいやったわ!」って応えてしまった。。。

+10点だけなんて言えなかった。。。

 

そんなこんなで、

2013年 5月 R: 245      L: 310  の555点    (友人 750点)

 

2013年 6月 R: 335      L: 255  の590点    (友人 800点)

 

2013年 7月 R: 280      L: 310  の590点    (友人 受けず )

で、このまま院試をむかえたというわけです。

院試は無事合格できたのですが、英語はやっぱり周りと比べて低いですね。。。

(注意:院試は数物で稼ぎました。英語がこんなレベルで院試は受けない方がいいです。)

私の周りの平均は750点くらいでした。(なんでそんなに高いんだ?)

 

で、院試が終わってからはだらっとしたり、研究室で卒論に取り組んだりしてたら、今日まで来ちゃいました。

 

最近までは、ただ瞬間英作文を毎朝何回も音読してるくらいで、他は論文(すべて英語)をひたすら読むくらいしか英語には触れてないです。

 

そんな私は今月(11月)17日のTOEICの試験を受けます!

 

TOEIC590点が半年間で800点目指します。。。

どうもこんにちわ。

私、題名の通り、TOEICで800点を目指したいと思います。

 

どうして半年間か?というと、モチベーションが半年で切れるであろうと、また、今から半年間くらいしか存分に英語の勉強をする暇がないであろうという予想したからです。

 

では、なぜ800点なの?というと、

親しい友人が800点をあっさり取っちゃって、それで悔しい思いをしたので見返すためです。

 

 

ここには私のTOEICの勉強の仕方、現状などを書き込んでいきたいと思っております。

もし、「もっと効率のいい方法があるよ!」とか「この教材いいよ!」とかアドバイスを頂けると飛び跳ねるくらい喜びますので、どうか応援よろしくお願いします。